従業員からの未払残業代支払請求訴訟で和解を成立させた事案

事案の概要

当事務所の依頼者に対し、元従業員からの未払残業代支払請求訴訟が提起されました。当事務所は、依頼者を代理して訴訟を追行し、少額での和解を成立させました。

当事務所のサービス

未払残業代の支払い請求訴訟は著しく増加しています。未払い残業代の時効期間は2年から3年に延長されましたが、今後民法改正に伴いさらに時効期間が延長される可能性があります。会社としては就業規則の整備や労務の管理体制についてのチェックを行い、未払残業代の生じない体制を作っていくことが重要です。