懲戒解雇無効確認の訴えで、従業員の退職を確認する裁判上の和解を成立させた事例

事案の概要

当事務所の顧問先会社を懲戒解雇された元従業員から、顧問先会社に対して、懲戒解雇無効確認の訴えが提起されました。当事務所では、懲戒解雇は相当であると争い、最終的には、当該従業員は会社を退職することで和解が成立しました。

当事務所のサービス内容

雇用関係が流動化する中で、労使間での円満な話し合いが難しくなり、解雇の手段をとったり、解雇を争う訴訟が提起される場面が多くなってきました。当事務所では、会社の立場を代理して訴訟の追行を行い、訴訟上の和解を成立させるなど、労使紛争についての円満な紛争解決を図ります。