パートナー

代表弁護士 栗林 勉 写真

代表弁護士

栗林 勉

Tsutomu Kuribayashi

取扱い分野

英文契約書作成・翻訳・レビュー
外国企業との契約交渉
外国会社日本子会社設立
外国預金解約
意見書(英文・和文)作成
国際訴訟・国際仲裁手続への対応

国内・国外での債権回収
M&A
組織再編・事業承継
会社分割
三者割当訴訟

会社関係訴訟
労務に関する法律
相続・紛争解決
株主総会指導
コンプライアンス対応

所属

東京弁護士会(1993 年登録)
ニューヨーク州弁護士(1999 年登録)
International Bar Association(IBA)
Euro Legal メンバーファーム

東京弁護士会国際委員会・財務委員会
東京アメリカンクラブ
早稲田大学稲門法曹会理事
公益財団法人 日弁連法務研究財団
日本弁護士連合会 財務委員会副委員長

経歴

1989 年 3 月
早稲田大学法学部卒業
1997 年 5 月
ジョージア大学大学院法学部 (LL.M) 卒業
1993 年 4 月~ 2003 年 3 月
あさひ(現 西村あさひ)法律事務所
1997 年 8 月~ 1998 年 7 月
Haynes & Boone 法律事務所勤務
2003 年 4 月
栗林総合法律事務所開設
2009 年 4 月~ 2011 年 4 月
法制審議会委員(非訟事件手続法・家事審判法部会)
2014 年 4 月~ 2015 年 3 月
東京弁護士会副会長
2014 年 6 月~ 2019 年 6 月
株式会社久世社外取締役
2015 年 11 月~ 2018 年 10 月
司法試験考査委員(国際私法)
2016 年 3 月~ 現任
D&F ロジスティクス投資法人監督役員
2016 年 4 月~ 2017 年 3 月
二一会(東京弁護士会会派)幹事長
2018 年 4 月~ 2019 年 3 月
関東弁護士会連合会副理事長
2020 年 11 月~ 現任
サクサホールディングス株式会社社外取締役

著作

  • 「International Jurisdiction in Product Liability Case – Analysis of Asahi and Post Asahi Cases」(ジョージア大学修士論文 1997 年)
  • 「会社分割制度について」(東京弁護士会二一会創立 80 周年記念誌)
  • 「金庫株解禁と自己株式の取得・保有・処分」(共著)(中央経済社 2001 年)
  • 「個人の民事再生手続における金融機関の対応」(ビジネス法務 2001 年 3 月号)
  • 「製造物責任訴訟における国際裁判管轄」(東京弁護士会・法律実務研究)
  • 「自己株式取得とインサイダー規制」(ビジネス法務 2002 年 6 月号)
  • 「民事再生会社におけるファクタリングを利用した資金調達」(NBL 2003 年 2 月号)
  • 「実務解説・新法制定で変わる会社非訟事件手続」(ビジネス法務 2013 年 7 月号)

セミナー・講演

2013 年 2 月
「信託、成年後見、エステートプランニング」プライベートバンカー (PB) 資格試験対策講座
2013 年 11 月
「国際企業法務の基礎知識」株式会社日立システムズ
2017 年 1 月
「国際私法の実務」外国人ローヤリングネットワーク
2018 年 8 月
「国際法セミナー」新潟県弁護士会

※上記の他、保険会社、商社等、栗林総合法律事務所の顧問先企業に対する会社法、コンプライアンス関連の社内法務セミナーを随時無料開催

栗林 勉の業務実績

アソシエイト

弁護士 深野 葉月 写真

弁護士

深野 葉月

Hazuki Fukano

取扱い分野

一般企業法務(各種契約書の作成・リーガルチェック、各種社内規程の作成・リーガルチェック、意見書作成、株主総会・取締役会の運営に関するアドバイス・議事録のリーガルチェック、労務問題)
訴訟
外国会社の日本子会社設立
国際取引
破産(法人・個人)
遺産相続(協議・調停・審判、相続放棄の申述)
家事事件

所属

東京弁護士会
中小企業法律支援センター(東京弁護士会)
国際委員会(東京弁護士会)

経歴

2017 年 3 月
中央大学法学部法律学科卒業
2019 年 3 月
慶應義塾大学法科大学院修了
2019 年 9 月
司法試験合格
2020 年 12 月
弁護士登録、栗林総合法律事務所入所

ご挨拶

各種契約書のチェック・作成、株主総会・取締役会の議事録チェック等、企業の日常に関わる法務案件を中心としつつ、個人の方から企業まで幅広く皆様のお役に立てる存在でありたいと考え、個人及び企業の皆様が抱える様々な法的案件にご対応いたしております。
これからも、クライアントの皆様と協働しながら案件に対処し、皆様からご満足いただけるような最良の法的サービスを提供できるように日々研鑽を重ね、精進してまいる所存です。末永くよろしくお願いします。

弁護士 近久憲太 写真

弁護士

近久憲太

Kenta Chikahisa

取扱い分野

国際取引
遺産相続
裁判
一般企業法務

所属

東京弁護士会

経歴

2017 年 3 月
中央大学法学部法律学科卒業
2019 年 3 月
九州大学法科大学院(既修コース)修了
2022 年 4 月
弁護士登録、栗林総合法律事務所入所

ご挨拶

栗林総合法律事務所に入所いたしました近久憲太と申します。
私は、高校生のとき、パン工場の再建に携わった弁護士の方の話を聞き、生きることを諦めかけるほど困っている方を自身の知識・経験で救うことができる弁護士の仕事に強くあこがれ、弁護士を志しました。
いかなる案件に対しても粘り強く誠実に向き合い、クライアントの皆様にとって最良の法的サービスを提供することができますよう、日々研鑽を重ねつつ精進して参ります。
末永くご指導ご鞭撻を賜りますようお願いいたします。

弁護士 松田 康秀 写真

弁護士

松田 康秀

Yasuhide Matsuda

取扱い分野

国際取引
遺産相続
裁判
一般企業法務

所属

第一東京弁護士会

経歴

2015 年 9 月
早稲田大学政治経済学部政治学科 卒業
2019 年 11 月
司法試験予備試験 合格
2020 年 3 月
京都大学法科大学院(未修コース)修了
2022 年 4 月
弁護士登録
2022 年 5 月
栗林総合法律事務所 入所

ご挨拶

この度、司法修習にて栗林先生にご指導いただきましたご縁を通じまして、 栗林総合法律事務所に入所いたしました松田康秀と申します。
私は、幼少期以来の鉄道好きでして、全国各地の乗車と撮影を通じて、津々浦々地域の魅力を感じて参りました。 鉄道趣味で培いました粘り強さと行動力を活かして、皆様のお役に立てるよう誠心誠意努力を重ねて参ります。
未熟者ではございますが、ご指導ご鞭撻の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

オブ・カウンセル

ただいまオブ・カウンセルは所属しておりません。