弁護士及び
司法修習生採用

栗林総合法律事務所は、企業法務、国際取引、国際紛争処理、M&A・事業承継、訴訟、倒産、労務問題、遺産相続、離婚、その他幅広い業務を行っている総合法律事務所です。事務所の発展のために、是非とも明るくて元気のいい皆さんの力をかしていただければと考えています。栗林総合法律事務所への応募を希望される皆様は、下記応募要領によりご応募ください。

求める人物像

1.プロ意識を持った弁護士

一流の弁護士になるためには、高い自己規律の意識をもって、懸命に努力していくことが必要になります。栗林総合法律事務所の弁護士は、一流のプロフェッショナルとなるために、厳しい姿勢で絶えず努力することが求められます。

2.責任ある事件処理

弁護士になった当初は、先輩弁護士の指導の下で、オンザジョブトレーニングを行いながら幅広い事件に関与して頂くことが必要となります。一方で、法律案件は法的判断を求められることが多くありますので、自らの責任で事件処理方針を決定する経験を積み重ねていくことが重要です。

3.専門性の追求

今後弁護士が増員してくる状況の中で他の弁護士との差別化を図り、専門家として社会の中で認知される必要があります。そのためには、どのような分野でも構いませんので、自分が好きな特定の分野において一流と言われるような専門家を目指してもらいたいと思います。

4.協調性

仕事は事務所のスタッフや他の弁護士と協働しながら行うものですので、当然ながら他の弁護士との協調性は重要です。当初は人間関係が得意でない人も、できるだけ多くの弁護士やスタッフ、依頼者と話をしながら、円満な人間関係を築づけるよう努力して頂く必要があります。協調性を身につけることは、弁護士としての人生において貴重な財産となります。

先輩インタビュー

杉山智彦弁護士

Q当事務所へ入所を決めた理由を教えてください。

弁護士登録と同時に前職の企業に入社したため、法律事務所での執務は私にとって初めてとなります。そこで、実績のある先生の元で経験を積みたいという思いが強くありました。また、前職で国際案件にも携わっていたため、国際案件の経験を積みたいという希望もありました。
その点、代表の栗林先生は、国内外の企業法務から個人の案件まで幅広く様々な案件を経験されて実績豊富であったため、先生の元で経験を積み、成長したいと感じ、入所を決めました。

MORE

Q入所後の具体的な業務内容を教えてください。

基本的にクライアント企業からの法律相談への回答や契約書のレビューが中心となります。そういった日々の業務に加えて、約款・契約書等の改正対応や法律意見書の作成、会社設立、M&A、労務問題、株主総会対応、訴訟案件等も幅広く行っております。

Q印象に残っている案件について教えてください。

ある外国企業の日本事務所における就業規則を英語日本語両方で作成した案件は印象に残っています。就業規則を作成するにあたって、前提として日本の労働法を英語で説明しなければならず、その点、非常に苦労しました。当然ですが、クライアントは自国の労働法をベースに検討し、意見を述べてくるため、クライアントの疑問に回答するために、日本の労働法を丁寧に説明する必要がありました。この案件は、自身の勉強にもなりましたし、大変やりがいのある仕事でした。
また、M&Aはどの案件も印象に残っています。案件によっては法務デューデリジェンスの期間が非常にタイトであったり契約交渉も厳しく業務としては大変難しいものもありました。しかし、M&Aはある意味、企業の大きな転換期ですので、そのような場面に立ち会え、クライアントをサポートできるという点に、非常にやりがいを感じています。

Qアソシエイト弁護士の働き方について教えてください。

勤務時間のおおよその目安(10時~19時)はありますが、個人の裁量に任されています。業務の状況により早く帰宅する日もあれば遅く帰宅する日もあります。ただ全体的にはライフワークバランスはよいと思います。
新型コロナウイルス対応で、在宅でも仕事ができるように事務所のIT環境が整備されましたので、今後はより柔軟な働き方になっていくと思われます。
なお、土日祝日は、お休みです。休日に仕事をするか否かも個人の裁量に任されています。

Q仕事の仕方について教えてください。

基本的に、日々の法律相談への回答や契約書のレビューについては、任されているため、自分の判断で責任を持って対応しています。もっとも、疑問点などがあれば、栗林先生に適宜相談し、アドバイスをもらいます。
また、クライアントへ提出する意見書やレポート、訴状等については、ドラフトを作成後、栗林先生に添削して頂いたり、アドバイスをもらったりします。
当たり前ではありますが、まずは、自ら考え、調査して案件に取り組むことが重要と考え、日々仕事をしています。

Qアソシエイト弁護士から見た当事務所について教えてください。

非常に風通しの良い事務所だと思います。また、小規模なため、秘書・パラリーガルの方も含め、アットホームな雰囲気で、過ごしやすい事務所だと思います。
また、小規模であるがゆえ、主体的に責任を持って仕事をすることが求められますが、最初から最後まで一貫して案件に取り組むことができ、その分、実力が付く環境だと思います。

Q今後は弁護士としてどのような経験を積んでいきたいですか。

前職から引き続き経験している国内・国際企業法務をさらに深めたいと思いますが、それと同時に、一般民事や訴訟等、前職ではあまり経験してこなかった分野の経験も積み、弁護士としてより幅広い業務に対応できるようになりたいと思っています。

当事務所の特徴

栗林総合法律事務所は小規模の事務所であるため一人一人の個性を尊重した家族的雰囲気のある事務所です。一方で企業法務や国際取引を広く扱っており、業務内容としては大規模事務所と類似する内容となっています。

1.幅広い案件を経験することができます

栗林総合法律事務所は、国際取引や知的財産権など最先端の企業法務から、遺産相続、離婚、交通事故等の一般民事事件まで幅広い案件を取り扱っています。弁護士の競争が激しくなる中で、幅広い事件を経験できる機会が少なくなっていますが、弁護士人生の最初の段階でこのような幅広い経験を得ることは、必ず皆さんの将来の飛躍に役立つと思われます。皆さんの知識と経験の蓄積に役立つ環境を提案したいと思います。

2.責任をもって案件にかかわれます

若い弁護士にとって、先輩の下で指示されたことだけを扱うのではなく、自ら責任をもって行動することは、弁護士としての責任感、経験、判断力を養うのにとても重要です。栗林総合法律事務所では、アソシエイトの弁護士であっても、訴訟、調停、契約書作成、公正証書、依頼者との打ち合わせなど幅広い面で自ら責任を持って行動することが求められます。また、M&A、大型訴訟、国際案件等、若手だけでは十分に対応できない案件については、ボス弁や先輩の弁護士と共同で案件に取り組むことにより、経験のある弁護士がどのように案件を処理するのかを身近で学ぶことができ、またそこで得た知識や経験が将来の専門分野を形成する骨格となっていきます。

3.多くの国際案件に関与いただけます

栗林総合法律事務所の特色としては、取扱い案件の半分程度が国際案件であるということです。英文契約書の作成、国際訴訟への関与、外国の裁判所に提出する証拠づくりなど、多くの国際案件に関与いただくことになります。これからの弁護士業務にとって英語ができることは不可欠であると考えられます。もちろん最初から英語を話すことができなくても問題ありません。OJTで先輩弁護士と一緒に案件をこなしながら、少しずつ英語の能力を高めていただけることを期待します。なお、栗林総合法律事務所はヨーロッパの法律事務所の団体であるユーロリーガルのメンバーファームであり、IBAその他の国際団体にも加入しています。留学を希望される弁護士には、留学支援資金貸付制度により留学資金の一部について貸付けを受けることができます。また、不定期ではありますがネイティブスピーカーによる英語の勉強会を実施し英語力の向上に努めていただきます。

4.将来パートナーとして経営に関与できます

栗林総合法律事務所では、アソシエイト弁護士がそれぞれOJT による経験を積み、一人前のパートナーとして独り立ちできる教育を受け、経験ができるよう体制を整えています。当初3年間はジュニア・アソシエイトとして先輩弁護士の指導を受けながら勤務します。その後2年間は、シニア・アソシエイトとして、それまでに積み重ねた経験をもとに自分の判断で案件を処理していきます。事務所入所後5年から6年が経過した段階で、本人の希望と事務所の判断をもとにパートナー弁護士として事務所の経営に参画いただきます。パートナー弁護士は、事務所の経営者として、特定の依頼者を担当し案件を処理するとともに、自らの才覚で売り上げをあげて事務所の発展に貢献していきます。
栗林総合法律事務所では、アソシエイト弁護士が一流のプロフェッショナルとして育ち、できるだけ早期にパートナー弁護士として事務所の経営に参画いただけることを希望しています。

募集要項

対象 栗林総合法律事務所(Kuribayashi Sogo Law Office)
業務内容 国際取引、国際紛争
M&A、事業承継
一般企業法務
訴訟、紛争解決
労働事件
破産、民事再生
家事事件(遺産相続・離婚)
刑事事件
勤務地 東京都千代田区麹町3-5-2 ビュレックス麹町501号
募集ポジション アソシエイト弁護士、パートナー弁護士
勤務時間 原則10:00AM から19:00PM ※育児期間中は、就労時間及び就労場所の調整可能
休日 原則週休2日、祝祭日、年末年始休暇、慶弔休暇、夏季休暇
報酬
  • 1.固定報酬(定期昇給あり)+歩合報酬
  • 2.個人案件受任可(売上の3分の1相当を経費として事務所に入れていただきます)
  • 3.業績連動型賞与を支給する場合有り
  • 4.自宅から事務所までの往復定期券代支給
  • 5.弁護士賠償責任保険事務所負担

応募方法・お問い合わせ

履歴書(写真貼付)、職務経歴書を下記住所までご郵送ください。
書類選考を通過した方については日程調整の上、面接試験を行うことがあります。採否の結果は個別に通知いたします。

連絡先

〒102-0083 
東京都千代田区麹町 3-5-2 
ビュレックス麹町 501 号
栗林総合法律事務所
採用担当事務局 電話:03-5357-1750

採用に関するお問い合わせは下記のお問い合わせフォームからご連絡ください。

お問い合わせはこちら