会社における不適切な経理処理について関係者の調査を行い、懲戒処分を行った事例

事案の概要

依頼者である上場会社から取引先に対する不明朗な貸付が多く行われていることが判明しました。当事務所では、貸付先へのインタビューや貸付契約書や関係書類の確認、会社代表者からのヒアリングなどを通じて事実関係を確認するとともに、貸付金が膨らんでいった理由についての報告書を作成し、関係者の処分を行いました。

当事務所のサービス

当事務所では上場会社・非上場会社のいずれの場合であっても、不適切な会計処理や法令違反の可能性のある行為について関係者からのヒアリングや調査を行う報告書を作成します。当事務所で作成する不正調査報告書には事実関係の整理、法律の適用、改善策の提案、証券取引所への対応なども含まれます。