同族会社の会社経営支配権をめぐる紛争において、和解により解決させた事例

事案の概要

会社支配権をめぐる同族間での激しい紛争の中で、当事務所は一方当事者からの依頼を受け、両当事者からの話を聞き、双方の折り合える妥協案を提供することで、相手方当事者が有する株式を全部取得することで和解が成立しました。

当事務所のサービス内容

同族企業の経営支配権をめぐる紛争は多く扱っております。当事務所では、できるだけ話し合いによる解決を目指し、双方が妥協できる妥協案を提示し、双方の意見を調整しながら和解が成立するよう働きかけていきます。一方、双方の折り合いが難しい案件では、株主総会決議取消訴訟、取締役の違法行為差止請求訴訟、取締役に対する損害賠償請求訴訟、株主総会開催許可請求等会社法上認められた様々な法的手続きを行うことになります。