日本企業が台湾での現地子会社を設立し、各種英文契約書を作成した事例

事案の概要

日本企業が台湾での現地生産を行うに際して、台湾企業に一部出資を行うとともに、日本企業と台湾企業との間における株主間契約書、物品売買契約書、商標使用許諾契約書、出向契約書等各種契約書を英文で作成しました。

当事務所のサービス

日本企業の海外進出の方法として、現地での生産活動を行うために、ジョイントベンチャーを設立したり、外国企業に一部出資を行うことで資本業務提携関係を構築し、商品やサービスの提供を行っていくことがあります。この場合、秘密保持契約書、商品売買基本契約書、サービスの提供契約書、商標の使用許諾契約書、従業員の派遣に関する出向契約書等様々な契約書の締結が必要となります。当事務所では、現地法人への出資に関するアドバイスを行うとともに、これらの一連の書類をすべて英語と日本語で作成します。