• 2020.09.01
  • 一般企業法務

上場会社の社外取締役、社外監査役に就任した事例

栗林 勉

執筆者情報

栗林 勉Tsutomu Kuribayashi

栗林総合法律事務所の代表であり、米国ニューヨーク州の弁護士資格を有する国際弁護士。国内企業法務の他、国際的紛争の解決や国際取引に関する契約書の作成、中小企業の海外進出支援などの業務を幅広く扱っている。

事案の概要

当事務所では依頼者からの要望に応じて上場会社・非上場会社の社外取締役や社外監査役への就任を行っています。自ら役員に就任することで、会社のコンプライアンス・法令順守体制構築に貢献できるようにしたいと考えています。

当事務所のサービス内容

当事務所の代表は、これまで上場会社の社外取締役、社外監査役、上場リートや非上場リートの監督役員、非上場会社の監査役などの職務を歴任しています。また、弁護士会の役員や法務省の委員に就任した経験から意見を述べることもあります。