• 2020.09.01
  • 一般企業法務

取引内容に関する法律意見書を作成した事例

栗林 勉

執筆者情報

栗林 勉Tsutomu Kuribayashi

栗林総合法律事務所の代表であり、米国ニューヨーク州の弁護士資格を有する国際弁護士。国内企業法務の他、国際的紛争の解決や国際取引に関する契約書の作成、中小企業の海外進出支援などの業務を幅広く扱っている。

事案の概要

当事務所では顧問先からの依頼により、法律意見書やメモランダムを多く作成しています。当事務所で作成された意見書が日本の政府機関や海外の裁判所などに専門家証人の意見として提出されることも多くあります。

当事務所のサービス内容

当事務所で作成する法律意見書は、会社法や民法に定められた各種の手続きが適切に行われているかどうかを確認するものが多いですが、特定の商品の販売に際して政府からの許認可を得ることが必要かどうかを確認するものや、法律の解釈についての意見を求められるものなどがあります。