• 2020.09.01
  • M&A・事業承継

企業買収に際して対象会社のデューデリジェンスを行った事例

栗林 勉

執筆者情報

栗林 勉Tsutomu Kuribayashi

栗林総合法律事務所の代表であり、米国ニューヨーク州の弁護士資格を有する国際弁護士。国内企業法務の他、国際的紛争の解決や国際取引に関する契約書の作成、中小企業の海外進出支援などの業務を幅広く扱っている。

事案の概要

当事務所では、M&Aの仲介会社、事業会社、再生機構、再生支援協議会、投資ファンド等の依頼により、M&A案件を数多く扱ってきました。そのため、対象会社のデューデリジェンスについて数多く扱った経験を有しています。

当事務所のサービス

当事務所では、M&Aにおける対象会社の法務デューデリジェンスを行います。法務デューデリジェンスでは、関係資料の確認、質問事項書の作成提出、代表者からのマネージメントインタビュー等を通じてられた情報をもとに、法務監査報告書を作成します。また、M&Aのスキームについてのアドバイスや株式譲渡契約書(SPA)についてのアドバイスも行っています。